carehome

大多喜城&久留里城見学ツアー

少し早めの昼食を食べて12時30分に芹から男性入居者3名が10人乗りのハイエースに乗り込み出発し、12時50分時に薺へ到着。女性入居者4名と引率スタッフ1名の合計9名で出発しました。


当日は天候にも恵まれて雨の心配は無さそうに見えました大多喜の手前で強い雨の悪天候になってしまいました。

入居者の一人が「こんな雨の中で大丈夫ですか?無理じゃないですか?」とほぼ諦めムードになりました。しかし、しばらく走行しているとだんだんと雨がやんできました。入居者の皆様の普段の行いが良いのでは?と感じました。

大多喜市内に入り、しばらくしましたがなかなかお城らしい建物は見えてきません。しばらくすると古い造りの建物が見え始めてきて
すこし車内のテンションが上がりました。すると大多喜城入口の看板が見え、安心と解放の瞬間でした。到着して駐車場に隣接しているトイレに行き、いざ出発。

少し距離がある上り坂でしたが難なくクリア。大多喜城の天守閣の前で記念撮影。入口を入るとすぐにお土産屋さんがあり全員が食い入る様にお土産を見ていました。お土産は後でのお楽しみにし展示物を見ながら順路を上の階へ進んで行きました。最上階に到着するととても眺めの良い景色が入ってきました。一通り見学し全員で1階のお土産売り場へ行きました。皆さん思い思いにお土産を買っていました。実は自分へのお土産でホームの居室で味わうお菓子の人が多かったです。

車に集合しいざ出発。次の立ち寄り場所は大多喜道の駅です。こちらには魅力的なお土産が多数揃えてあり、皆さんのテンションはMAXになりました。約30分程度楽しんでいました。トイレをすませ、最終目的地の久留里城へいざ出発。駐車場はガラガラでほぼ貸し切りといった感じでした。長く少し急な斜面をのぼり終えて到着した久留里城資料館。食い入る様に見ている人もいればほぼ素通りの人もいました。資料館と天守閣は少し離れていてさらに階段を登りやっと到着しました。

皆さん疲れの表情でした。最後、集合写真を撮り終え車に戻ります。時刻は既に16時30分。あたりは日が沈み真っ暗になっていました。帰りの到着時間や夕食を心配していましたが。17時30分過ぎに薺に到着。城までの坂道を徒歩で移動し足が疲れた様ですが本日参加の皆さんは満足して有意義な時間を過ごせた様子でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です